Masato Imai Official BLOG

2011年04月

2011年04月26日

政策提言

 私たちのグループ(青山会)の政策意見交換会で意見集約した内容を、政策担当である私がまとめ、会長の樽床伸二衆議院議員から発表していただきました。内容は以下のとおりです。できるだけ簡潔にということでまとめてありますので、ご了解ください。


 ”興庁の設置について
 復興を迅速に推進する為には、組織を一本化し、指示系統を一元化することが不可欠である。そうした観点から、内閣直属の「復興庁」を設置し、復興に関する権限、財源を集中させる。また、復興庁担当の政務3役は超党派で構成し、各省庁からも人員を派遣する。更には、現存する復興関連の組織に関しても復興庁の下に配置する。


◆”興財源について
 復興財源については、「復興再生債」を発行する。復興再生債は10年もの国債とし、安定消化できるよう2年程度かけて段階的に発行する。復興再生債は他の国債と別管理し、償還時には借り換えをせず、必ず償還するという縛りを設ける。
償還財源については、現下の景気へのマイナス影響も考慮し、拙速な増税は回避すべきである。今後検討される中長期的な税財源の抜本改革の議論と合わせて、景気動向に十分配慮しながら、数年後から確保する方式を取ると同時に、特別会計の余剰金の活用等も検討する。また、安定消化と国際社会からの協力という観点から発行額の一部をG20などで買い入れを要請する等の対策も検討する。


 復興プランについて
復興プランでは単なる被災地復興プランにとどまらず、今回の震災での教訓を念頭に、首都圏集中などによる将来の国家的リスクにも備えるため、インフラの分散、新しいエネルギー政策など大局的観点からの国家プラン構想を練る。

20110426115213


公式サイトはこちらです。公式サイトTwitterカウントはこちらです。
imai_masato at 16:50 ・凪!・・篋銀

2011年04月19日

被災地救援支援第2弾 南相馬市避難所で炊き出し

 4月1日〜3日に福島県南相馬市に支援物資を搬送した第1弾に続き、4月14日〜17日に同じく南相馬市の避難所2ヶ所で炊き出し支援に行ってきました。
 今回のボランティアスタッフは前回も参加して頂いた沢田氏、二村氏の他、愛知県の牧野氏、鴨川氏、の他下呂市議会議員の山下一彦氏も参加して頂き、私今井雅人と事務所スタッフ永澤の総勢7名、計3台のハイエースで南相馬市に向かいました。
 14日(木)、夜10時に最終打ち合わせを終えたスタッフは高山事務所を出発。私は翌朝8時に新潟駅にて合流し一路南相馬市へ向かいました。
 15日(金)13時に南相馬市・民主党相馬地方支部へ到着。前南相馬市議の渡部一夫氏に迎えられ南相馬市市役所を訪問し桜井南相馬市長と面談、その後被害地を少し視察した後、第一回目夕食の炊き出し準備で、市内原町第一小学校へ。
3a5c[1]27d3[1]

5f93[1] 
 メニューは5升釜で5升の米を3つ炊き、約200名分の「飛騨牛の牛丼」、「みたらし団子」(私がひらすら焼いていました)、柔らかく骨まで食べられる「あまごの甘露煮」の三種類を用意。食材はすべて下呂市の方からご提供頂き、牛丼の調理も下呂市の水明館さんのご厚意によるものです。被災者の方から「おいしい」「おいしい」と多くの声を頂き大絶賛されました。
13b4[1]









 翌日は南相馬市の避難所の一つである宮城県の(ひっぽ)にある旧筆甫中学校で昼食の炊き出し。9時に出発し約1時間で到着後、即炊き出し準備にとりかかる!昨日の経験を積んだスタッフは阿吽の呼吸で、まるで露天商さながらの手際のよさ!ここでも皆さんから「おいしい」と絶賛され、子供たちからお礼の折り紙で作った「おいしいご飯、ありがとう」を頂いたときは涙がこぼれました。避難所の皆さんに見送られ、また来る約束をして南相馬市を後にしました。
b04c[1]d67e[2]


ac17[1] 今回は直接避難所に暮らす皆さんと触れ合うことができ、おいしい食事に感謝され大変有意義な救援活動をさせて頂きました。二日間の日程でしたが、被災地の視察、桜井南相馬市長との面談、炊き出し準備、片付け等とハードなスケジュールを同行スタッフの協力により、問題なくこなすことができました。
 今後も引き続き民主党岐阜県第4区総支部 今井雅人事務所は救援活動を続けて参りますので、ご支援くださいますようお願い致します。






■地元紙に掲載
fukusima230417
■岐阜新聞に掲載(平成23年4月17日)
gifu230417

公式サイトはこちらです。公式サイトTwitterカウントはこちらです。
imai_masato at 17:57 ・凪!・・篋銀

2011年04月10日

地元での活動

可児では桜が満開を迎えています


SN3J1933




緑の山と桜色がとてもきれいです

SN3J1939← 写真は兼山です。自然豊かで美しい町。森欄丸生誕の地として、有名ですが城址はじめ、美しい景観の地です。(4月9日午後)











本日が投票日の統一地方選、ここでは県議会議員選挙ですが震災の発生から自粛ムードの中で本当に難しい選挙となりました。
ただ、自粛を続けていては日本の再建・復興は遠のいてしまいます。私たちは経済を停滞させることなく、より一層活発にさせそれを被災地の復興支援に充てていかなくてはなりません。

選挙においても、この状況の中でこそ
しっかりと自分の目で候補者を見て、話を聞き、判断を下す必要があります。自分たちの住む町を・市を・県を背負っていく人たちを選ぶのです。一人ひとりが後悔しないよう、一票を投じていただきたい・・・、との思いをお訴えさせていただきました。



SN3J1927

農作業の手を止めて、お聞き下さった皆様
ありがとうございました。

皆様のご期待に応えるべく、心して邁進いたします。



公式サイトはこちらです。公式サイトTwitterカウントはこちらです。
imai_masato at 12:55 ・凪!・・篋銀

2011年04月06日

救援支援物資 第1弾 福島県南相馬市に届ける!

kantei_saigai_210x52

≫官邸ホームページより最新の情報をご確認下さい。


≪福島県南相馬市へ救援物資≫

SN3J1906bokin3月11日の東北地方太平洋沖地震発生から民主党岐阜4区総支部 今井雅人事務所として、岐阜4区内(可児市美濃加茂市下呂市高山市)で義援金を募る活動を続けてまいりました。

第1次締め切りは3月30日でした。皆様からお預かりしました善意の義援金(1,086,756円)は民主党に振込みをいたしました。党本部より被災地の復興支援に全額お届けします。
多くの皆様の善意に感謝申し上げます。



a722募金活動と平行して救援物資の提供もお願いしてまいりましたが「1日でも早く被災者に届けて!」という強い要望により、第1弾として4月1日〜3日に福島県南相馬市に救援物資を届けてまいりました。



7702南相馬市は福島第1原発より半径20km圏内の避難指示と半径20km以上30km圏内の屋内待避が発令された市であり、さらに自主避難を要請され混迷する、地震、津波、原子力発電所、風評被害に喘ぐ4大苦を抱えてしまった市であります。


76de4月1日、最終の物資仕分けと搬送車積み込みを行い、今井雅人高山事務所を19:30に福島へ向け出発しました。第1弾の搬送隊は、高山の支援者の沢田氏、同氏の会社の社員様、友人様、昨年の美濃加茂市議会選で26歳という若さでトップ当選を果した藤井浩人氏、今井雅人事務所スタッフの永澤、総勢8名、運搬車4台という構成です。



7f5d翌日10:00に南相馬市に到着し、事前に民主党災害本部よりご紹介頂いておりました渡辺一夫氏(衆議院議員元秘書)、南相馬市に泊り込みで張り付いている高邑勉衆議院議員(山口1区)の指示のもと南相馬市のまごころセンターに救援物資を届けました。
その後、隣の相馬市にある避難所を訪問し、被災地を視察しながら岐阜へと戻ってまいりました。



d486テレビ等である程度状況は把握していたつもりでしたが、本当に何に困り、何が必要なのか、各避難所で違いがあり現地に行かないと実情はわからないと感じました。






◆民主党岐阜県第4区総支部 今井雅人事務所は第2弾に向け引き続き救援活動を続けますので、皆様の更なるご支援を賜りますようお願い申し上げます。
84002253orei今回の救援物資搬送で強硬なスケジュールにもかかわらずボランティア参加して頂きました皆さんに厚く感謝申し上げます。
【救援物資受付】
可茂事務所 可児市広見1854和晃ビルE   0574-49-9444
高山事務所 高山市千島町627NTS千島ビル3F  0577-35-7020



公式サイトはこちらです。公式サイトTwitterカウントはこちらです。
imai_masato at 14:14 ・凪!・・篋銀
QRコード
QRコード
マットキャピタル
風を読む
グローバルインフォ
RSS
livedoor Blog鐚遺#問#?h?・ title=